Thursday, January 11, 2007

世界の再構成

世界を普通に生きるなら、何を望むだろうか。
普通に死にいけるなら、生に何を拘るのだろうか。

ただ平穏に、希望が少しでも叶うように。
差別され平等に生きれないものはそう願う。

富を、権力を。得たものは何を望むだろうか。
われわれには望むべきもないことを望むだろうか。

人生、上に一度立てば、自動で生きられる。
もし自動で生きられないのなら、それは上ではないということだ。

上にいる者たちによってわれわれは支配されている。
しかし、支配はわれわれに必要だろうか。

有能な者なら、世界は蓄積された知識によって平和を迎えているだろう。
有能な者なら、下に生きる者は平穏に生きることが出来るだろう。

学位を持つ者が有能ではない。
知的に活動できる者が有能ではない。

有史以来、多くの時を重ねてきて無能な者をこれ以上生かすことは正しいとはいえないだろう。
私には力はない。正しいことなど何も出来る術はない。

しかし、もし世界が正しく生きる決意を表し始めたとき、私は自分の命をかけてでも世界を作り直す手伝いをしたいと思う。
人々が平和に幸せに生きる世界へ再構成したい。

それが私の中にある想いである。

Tuesday, January 02, 2007

新たな年の始まりは。

年が明けると、新たなことが始まると期待する。
しかし、人間が決めただけの区切りが代わっただけ。

それでも、何かを期待する。
少しでも良くなるように。

今年と呼ばれる時間のつながりはどのようなものになるのか。
それが楽しみではある。

すべての人が幸せになることはないだろう。
すべての人が不幸になることはあっても。

できるなら、すべての人が幸せになることを願う。
でも、人の幸せは不幸の積み重ねの上にできている。

愚かな政治家・権力者。
それがすべていなくならない限り、安堵のときはこないだろう。

素朴に、小さな幸せを得る。
それだけでも叶う世界になって欲しいと思う。
BS blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ